先生の大好きな思い出

 私は中学2年?3年にかけて同じ先生が担任でした。

明るくて、元気で、時に厳しいとても良い先生でした。

中学2年のとき、ちょうどオリンピックが開催されていた年でした。

その時のテーマソングが栄光の架橋でした。

先生はその曲が、大好きで私達の文化祭の合唱コンクールの自由曲に選び披露することになりました。

賞等は得ることは出来ませんでしたが、先生はとても良い思い出が出来たと喜んでいました。

3年に上がりその曲の思い出も薄れているとき、卒業曲を何にするか考えていました。

ふと誰かが、先生の好きな曲、栄光の架橋を選んだらいいのではという案が出ました。

色々と流行りの曲がありましたが、皆の思い出に残るものは何かということで、卒業曲を栄光の架橋にしました。

卒業式を迎えるまで、全員でたくさん練習し、団結を深めたのをよく覚えています。

卒業式を迎え、歌を歌うときまで物凄く緊張しましたが、歌い始めたら、思い出が溢れて涙をこらえるのに必死でした。

卒業式を終え、教室で先生が涙ながらに大好きな歌を歌ってくれてありがとうと言われ、私達生徒全員が涙に包まれながら最後の話などをしていました。

大人になった今でも、その曲がテレビから流れると先生のこと、頑張ったことを思い出します。